医師とお互いに協会し合って、素敵な笑顔で毎日を

先生と看護婦

うつ病の治療について

うつ病対策にかかる費用とは

国内だけではなく世界中には、うつ病に悩む人の数が増え続けていて、各国において社会問題となっています。これは、世界的な不況による貧困層の拡大や、将来的な不安、様々なストレスによる圧迫など、普通に生活をしていても発病することが多く、誰でも起こりうる病気でもあります。 現在においては、うつ病の治療に関する研究も進み、様々な例を元にした治療方法が取り組まれています。うつ病は、精神的な部分を治療する精神療法が多く取り入れられています。このほかにも投薬による治療も重要で、精神療法とあわせて使用されています。 うつ病治療での特徴的な部分は、人によって期間が大きく変わるという点があります。そのため、通院にかかる諸々の費用も含めて、人によって変わってくる傾向にあります。

治療に関するこれまでの変遷

うつが社会問題となり、広く認識され始めたのは、比較的近年になってからのことです。それまでは判断が曖昧なもので、各家庭においても単純に捉えられる傾向にありました。 現在においては、治療方法も確立され始め、内容についても新たなものが発表されてきています。しかし、うつ病は原因の特定が難しいため、確実な治療方法という段階には至っていないのです。また、体に痛みを伴う変化なども確認されていて、複数の原因が重なって発病すると見られています。 近年においては、明確な判別方法は決められていませんが、新型うつといった、前例に無いようなタイプの症例も出てきています。全体的に見ても再発率が高く、通院歴のある患者に関して、半数以上が再発するという統計が出ています。 このような状況から見ても、時代の変化とともに、新たなうつ病の問題が起こり続けると危惧されています。

うつ病になったら。どうやって治療するのか。

以前に比べて随分と関心や理解も高まってきているうつ病。 セルフチェックなど、精神的、身体的症状から自身のうつ病の可能性を知るきっかけになるようなものもよく見かけるようになりました。 さて、うつ病の可能性が高いと判断されそうな場合医療機関にかかることが大切ですが、果たしてその治療とはどのようなものなのでしょうか。 一般的には薬による治療とカウンセリング、そして十分な休養をとることが主な治療法とされています。 また治療には周囲の協力も大切になってきます。 現在、政府や医療機関などはうつ病に関する一般への普及啓発を行い、理解を深める活動を行っています。 また、かかりつけ医や産業医等から専門医への連携を強める活動も行われており、社会全体でうつ病に対応する流れが強くなってきています。

社会全体で立ち向かう。不安になったらまず相談。

うつ病とは自分で判断しにくい病気です。 また、以前からの偏見などもあり、まだまだ医療機関にかかることをためらってしまう人も多くいることと思います。 しかしうつ病の治療には医療機関において専門医による治療が必要不可欠です。 前述のとおり近年では潜在患者を見つけるための取り組みが多く行われています。 例えば、別件でかかりつけ医や薬剤師にかかった際、うつ病と思しき症状がある場合、必要であれば専門の医療機関を紹介するシステムの構築などです。 いきなり心療内科や精神科にかかるのがためらわれるという方は、まずは信頼のできるかかりつけ医などに現在の症状を相談してみるとよいでしょう。 ストレスや不安を感じたとき我慢はせず、少しでも専門知識を持った人にまずは相談をしてみましょう。

Menu